経管栄養

疾患について

行き場のない気持ち〜経口摂取〜

吐き出し口がないのでここにつらつらと書きます。 いつかなにかの役に立つかもしれないし。 最初の病院でのこと 産まれてからずっと酸素が必要だった。 GCUに移動した頃には、鼻から圧をかけて酸素も一緒に送る感じ。おそらくビーパップ。 圧が...
入院中のいろいろ

GCUってどんなとこ?〜体験談 その2 面会中にできること〜

我が子はGCUに入院中。GCUでの面会時間の間にできることとは。
疾患について

経管栄養その3 家でのボトルのつなぎかた

その1では消毒について その1はこちら その2では物品について その2はこちら を書きました。 今回は家でのボトルのつなぎかたについて書きます。 というのも、病院では点滴をつなげるときに使うスタンドを使うのが普通になっていました...
疾患について

経管栄養その2 病院から支給される物品

前回は消毒について書きました。 消毒についてはこちら 今回は病院から支給される物品について書きます。 経管栄養の子は、病院から経管栄養に必要な物品が支給されます。でも欲しい分だけもらえる訳ではなく、支給される総点数が決まっていて、その...
疾患について

経管栄養その1 ボトルや哺乳瓶の消毒

我が子は自分で口からミルクを飲むことができなかったため、入院中はずっと経管栄養で鼻から胃までチューブをいれて、そこからミルクを胃の中に注入していた。 病院に入院中は、毎回新しいボトルを使って新しいシリンジを使ってミルクの時間を迎えて...
病気の子向け

手の抑制用具 その1

経管栄養をしていると、ふいに動いた子供の手がチューブにひっかかって、チューブを抜いてしまうのが心配。気管切開をしていると、人口鼻やカニューレを外してしまうんではないかと心配。そのため、ずっと見ていることができない夜間の時間帯などは、手が顔にいかないように拘束しておく必要がある。かわいそうだが我が子のため。手の動きを抑制するためのグッズを紹介します。これは記念すべきひとつめの作品です。
タイトルとURLをコピーしました