GCUってどんなとこ?〜体験談 その2 面会中にできること〜

体験談その1では、NICUから移動になったこと、GCUへの面会頻度について書きました。

その1はこちら

今回はNICUとは違ったGCUの面会中のいろいろについて書いていきます。

面会時間

私がお世話になっていた病院では、GCUの面会時間はNICUよりも少し長くなりました。

具体的にはNICUは午後からだったけど、GCUは午前中から面会がOKでした!

早めに行ってあとはのんびりのほうが私には合っていたのでありがたかった。

そしてさらに!

NICUは1回の面会は30分と決まっていましたが、GCUは制限なし

面会時間内ならどれだけいてもいいし、1回外に出てもう1回来るっていうのも可能とのこと。

だいぶ緩くなりました。

なので時間を気にせずのんびり面会することができました。

寝ていたら起きるまで待つとか!寝かせてから帰るとか!そういうのも可能になったので嬉しかったです^^

面会中にできたこと

できることも少し増えました。

おむつ交換

NICUでもできましたが、GCUでは看護師さんに断りなく、自分のタイミングで替えていいということに。うんちしてるから替えてあげよう!とか自由にできるようになりました。

抱っこ

抱っこの許可がでたらいつでも自由に抱っこができるようになりました。今までは看護師さんから許可がでた日だけ、看護師さんの介助があって抱っこができていましたが、いちいち抱っこしていいですかと許可をとる必要もなく!泣いてるから抱っこしてあげようとかすぐにできるようになりました。

本当に嬉しかった♪

点滴つながってたり、なにかある日は許可が必要でしたが、それ以外は自由!これだけで幸せに思えました。

沐浴

GCUに来てから、念願の沐浴デビューができました!

最初のうちは、体拭きだったり、ベッドサイドでお湯をかけたりするだけでしたが、GCUにきて1ヶ月を経った頃にようやく念願のお風呂に入れました。

最初は見学だけでしたが、教えてもらいながら、GCUに来て2ヶ月経った頃には面会に合わせてお風呂も私が入れることができるようになりました。

搾乳を頑張りすぎて両手腱鞘炎の中でしたが、まだまだ軽い我が子を一人でお風呂に入れてあげることができ、腱鞘炎の痛みすら苦じゃなかった!

ちゃんと治さないともっと体重増えたら一人で入れられない…と感じましたが。笑

ミルク注入

退院後も経管栄養が決まっていたので、少しずつ練習が始まりました。

口から飲む練習もしてないのに我が子は口から飲めないって決定なの?…って腑に落ちないところがあり、受け入れるまでにだいぶ時間がかかりました…。

が!やると決めたからには練習頑張りました。

ミルクのセットの仕方、注入の早さの調整、薬の注入、そして鼻からのチューブの入れ方。

大変なこともあったし、精神的につらくなったこともあったけどかわいい我が子のためなら母は頑張れるものです!

やりたかったこと

授乳

GCUは一人一人の空間が仕切りのようなもので仕切られていた。処置をするときや授乳をするときにプライベート空間が守られるように配慮された作りになっていた。

周りの子達が仕切りで目隠しをされているのをみて、とてもうらやましく思った。…授乳の時間です!

看護師さんが付き添いながら「上手に飲んでるね」なんて声が聞こえたり。

正直めちゃめちゃつらかった。

我が子は直母が難しいことはわかってはいたけれど“授乳できなくてもいいや”なんて思うことはなかったから。

少量でもいいから飲んでくれないかなぁと何度願ったことか…。

うらやましかった。本当に。

GCUに面会に来る授乳のできるお母さん達は、どうやら授乳の時間に合わせて面会にきているようだった。授乳して、次の授乳になったらまた来ますなんて言ってる人も見かけた。

だから面会時間にも制限がないのか!

と納得した。(これが理由じゃないかもしれないけど…)

さいごに

GCUに移動してからは、できることも増え、全て“看護師さん任せ”ではなくなったことから、“赤ちゃんのお世話ができている”と親としての実感がすごく沸いてきました。

我が子を自由に抱っこできる

そんな当たり前のことができるようになっただけで、私の子なんだなぁとしみじみ感じることができ、より愛情が深くなりました。

GCUの面会中に他の人が授乳しているのを見るのがものすごくつらかったですが、我が子と会っている時間は本当に幸せな一時でした!

GCUの看護師さんが本当によくしてくださったので、GCUにいる期間は長かったけど、あの病院であの先生と看護師さんに会えたから私も我が子も救われることが多かったと思います。

本当に感謝です♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました